蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 合区 一票の格差と地方創生

<<   作成日時 : 2016/08/04 11:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 先日の参議院議員選挙でこれまで1県1区だった 島根、鳥取 と 高知、徳島 に初めて合区が適用されました。
現行の国会議員選挙では初めての試みです。

 選挙区の設定は、我が国に於いては地理的条件(海に隔てられている。山脈や河川を境とする等)で定められた行政区画に沿っていると言ってもよいでしょう。
このように先ず都道府県単位に区分されたものが更に人口密度に従って一票の格差が定められた値に近づくように細分化されています。
一票の格差の許容範囲は法運用で異なり、国に依ってまちまちです。それ故に我が国で“は 一票の格差問題 が裁判沙汰になってもその都度合憲、違憲の判断が一致せず釈然としません。

 一票の格差とは別に、選挙区を如何に設定するかはその地方の発展、衰退に深く関わりを持っています。今回の参議院議員選挙で合区が適用されたのは、勿論一票の格差を是正することを目的としています。    
この合区により一票の格差は多少是正されるでしょうが、産業活動や人口の推移から見て衰退途上にある地方を更なる衰退に追いやるような結果を招来するのは明らかです。“地方創生”などと言う言葉は絵空事になってしまいます。

 現にそれら地方の有権者は「地方の声がこれまでの様には中央へ届かなくなる」という不合理さを挙げております。又、鳥取県を選挙区とする自民党の石破氏は「選挙活動をする候補者とその関係者は300Kmにも及ぶ選挙区を駆け巡らなければならない。それは極めて大きな負担となる。次回までに解消しなければならない」と言っています。因みに、300キロという距離は東京・豊橋間に匹敵する膨大なものです。
又、島根・鳥取 の合区で当選した候補者自身が「一人で2県の声を国政に届けるのは難しい」とも言っています。

 島根と鳥取 は地理的にも気象的にもそれほどかけ離れているとは思われないので、産業構造も似ていると言えましょう。然し、高知と徳島 は隣り合っているというだけで産業構造的にも文化的にも異なっているようです。徳島の人は「同じ隣県でも香川県とはより関係が深いが高知県は坂本龍馬ぐらいしか知らない」と言っています。高知の人も同様に「徳島と言えば(鳴門の) 渦 か」と言う程度の認識です。これではどちらの県を本拠としている候補者が当選するかがその地方の盛衰を大きく左右することになってしまいます。“地方創生”など全く考慮外という結果になります。



 何を目的として選挙制度を改めるか をはっきりしなければなりません。先ずその目的を挙げると

@ “一票の格差”を許容範囲におさめる。
   但し、その容範囲は憲法学者や裁判官によって意見が異なるので、それを明確に定めるのが前提となる。
A 東京一極集中を避けて地方創生を図り、全国的に経済発展を推進する。

 目的@を達成することが出来るであろうと思われる最も無難な方法が今回適用された“合区”です。然し、結果的には上述の合区内の有権者や選挙関係者の意見のようにとても合格点が付けられそうにもありません。

この目的に叶うもう一つの方法は

 選挙区をこれまで通りとし、先ず1選挙区の議員数を最低1人とする。各選挙区に対しては“一票の格差”が   許容範囲内におさまるよう議員数を増す。

こうすれば間違いなく“一票の格差”は守られ、地方創生も考えられる。然し議員総数が増加する。歳費(国会議員の給与)の予算が変わらなければ議員1人当たりの歳費は当然減る。



 何を目的として議員定数を替えたか? 結果的に目的が達成されたか? それによって弊害が生じても目標を達成することが十分有意義であったか によって選挙制度の改変が評価されるべきだと思います。

 そんな見方をすれば、今回の合区は単に目先を変えただけの、弊害を伴ったオマジナイに過ぎなかったのでは と思うのです。
   


 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
地方創生という課題では、本当に胸が痛みます。岐阜も関もやたらとシャッター通りが増えて目に余ってからでは遅いというものです。名古屋の大須はどうやら息を吹き返しましたが・・・・農業地域も問題は大有りですね。一体日本は狭いのか、広いのか・・・  Т
ユーリー
2016/08/05 05:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
合区 一票の格差と地方創生 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる