蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 籠池騒動 に思う

<<   作成日時 : 2017/04/13 13:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 昨今、マスコミ界は大阪の私立小学校設立に関する 森友学園問題、所謂“籠池騒動”でもちきりです。

問題の核心は

          @  国有地の売却が適正に行われたか

          A   政治家の関与があったかどうか

ということです。



 世間の注視の的となっているこの騒動の経緯に就いては皆さんよく御存知で、いちいち書き綴るのは愚かなことですから、ここでは話題の人物や党派等に就いて思ったこと、感じたことを述べましょう。



【籠池氏】

  この件に関する報道の中で、 忖度という聞きなれない言葉がよく出て来ます。国語辞典によれば他人の気持ちを推し量るという意味です。
然し、本件に関する官公庁の職員が籠池氏のために忖度してくれると期待することは出来ないでしょう。
そこで彼は権力に近づこうと考えたのでしょう。先ずは首相に許しを得て新設する小学校の校名を“安倍信三小学校”としようと考えましたが断られました。それならばと夫人を“みづほの国小学校名誉校長”になってくれるようお願いし、かなえられました。(後に問題が起きてから辞退されましたが) 
 権力への接近は後に籠池氏が「神風が吹いたのか!」と言うほど物事が希望のままに、しかも速やかに進んだのです。期待した忖度があったと見るべきでしょう。

  教育勅語を幼稚園児に暗唱させるという時代錯誤も甚だしい幼児教育を行っていますが、これが政府自民党の考え(後述)と一致して時代に逆行した言動に拍車をかけています。


 
     
【安倍首相】
 
 「私や妻、事務所は みづほの国小学校 の設立に一切関わっていない。若しも関わっていれば、総理も国会議員も辞めますよ」と言うのは首相の言葉とは思えない単なる脅し文句でしょう。
この言葉を吐いた時も、野党側からの質問に遭った時も、盛んにヤジに神経を尖らせてオタオタした態度でした。
何か隠していることがあるのではないかとの疑念を持たせました。

 「妻は公人ではなく私人です」と言っていますが、公人、私人の定義もせずに人種の違いを口にするのは
おかしいと思います。いくら私人だと言っても首相夫人だから 「みづほの国小学校の名誉校長」になって下さいと懇願されるのです。首相夫人の名が頂ければ忖度も生じるだろうし、寄付金もザクザク集まることでしょう。
          
 

【昭恵夫人】

 このお方は、“首相夫人” と言う立場が一般の婦人とは違うという意識に欠けていて軽率の誹りを免れないと言わざるを得ません。

 “みづほの国小学校の名誉校長”にまつりあげられて気を良くしたり、みづほの国小学校設立が問題になってからも従前通り籠池夫人との間で頻繁にメール交換を続けています。 もっと自分の立場を弁えて言動に注意されたいものです。これまでの首相夫人方々には、こんな軽はずみな言動は見られないのです。



【政府・自民党】

 野党が切望していた国会に於ける証人喚問を拒否し続けながら、竹下国会対策委員長は「首相が籠池氏に侮辱された!」と怒り、急遽籠池氏の証人喚問を行うことにしました。

 官僚は「文書は既に廃棄した」と言って文書の存在を否定していますが、官公庁の文書保管に詳しい人は
「そんな真新しい文書が保管されていない筈はない。必ず保管されている」と言っています。ましてや昨今のように記録が電子化されている世の中では残されている筈です。   
    
 政府は「ここは国会の場であり、こんな些細なことに長時間を費やす所ではない。もっと重要な案件を処理していかなければならない」と言っています。
然し、初めの方に掲げた2点、 即ち @ 国有地の売却が適正に行われたか、A 政治家の関与があったかどうか という点は全く解明されていません。
政府が真っ先駆けて問題の解決に当たらなければ、もっと重要な案件を扱う 国会運営 には移行していけないのです。

 
 教育勅語は明治時代のものであり、普遍的な道徳律を天皇が臣民に教える形式で書かれているものです。
大日本帝国時代のものとして現在の日本国憲法に基づく自由民主主義の政治体制や国民主権と相いれないもおです。
 それなのに文部科学副大臣は教育基本法に反しなければ朗読は問題なく、言論及び思想の自由を盾に、戦前の考え方を教えること 信ずることは自由だと言っています。

 そんなわけで、各個人が教育勅語を信奉するのは思想の自由でしょうが、わざわざ文部科学副大臣がこの際 敢えて口にするのは如何なものかと思います。




 以上のように、籠池氏は教育勅語の思想と政府自民党の右傾的傾向に融和点を見出しているので、この森友学園問題は簡単には解が見つからないものと思われます。


 
  

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 籠池騒動と言い森共学園のことと言い全く知らなかったことなので、異次元のことのような気であれよ、あれよと耳と目をそばだてていました。どうなるのでしょうか?興味しんしんです。  Т
ユーリー
2017/04/15 07:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
籠池騒動 に思う 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる