蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS モネの池

<<   作成日時 : 2016/06/20 15:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 印象派を代表するフランスの画家クロード・モネは、晩年に 睡蓮の連作 を残しました 。その中には日本風の橋をテーマにした作品も含まれています。因みに、倉敷の大原美術館の中庭にはモネの旧宅から譲り受けた睡蓮があります。


 モネは時間や季節とともに移り行く 光と色彩の変化 を追及した画家です。
「モネの 睡蓮 に描かれている池にそっくりだ!」というので、俄かに注目を浴びているのが“モネの池”です。
私もその 光と色彩の面白さ をカメラに収めようと“モネの池”を訪れました。

 “モネの池”は刃物で有名な岐阜県の関市にあります。関市と言っても 市町村合併で編入された旧 板取村です。岐阜市から北へ車で約1時間ですが、利用できる一般交通機関は殆どありません。

 


  “モネの池”は根道神社(ねみち じんじゃ)というお宮さんの境内にある 長さ約40m、幅 約20m、水深 約1mのこじんまりとした池です。山陰にあって絶えず清らかな水が流れ込んでいる透明度の高い池です。


画像

                           鳥居を入って右側に池がある



画像

                         社殿の前から国道256号方向を望む

                           正面の赤い屋根がこの辺りで
                           唯一の店   “風土や”
 
                          左辺の青色が池の面
                 


画像

                      ほぼ池全体を望む 
                          左が鳥居側で水面が開けている
                          右側は睡蓮の葉が多い
                          左上隅に唯一の橋が見える




 なお睡蓮は今(6月中旬)咲き始めていますが、7月が花の季節で長い間咲いているそうです。この池を見るのには睡蓮と紅葉の頃が良いようです。


画像



 この池の魅力は

       @ 水が清らかである
       A 水深が浅いので鯉の色が鮮やかに見える
       B 水草が綺麗で色合いが豊である
       C 鯉が泳いでも水が殆ど濁らない
       D 鯉が泳いで水面に立つ波が光の変化に趣を添える
       E 遊歩道が池をとりまいているので水辺に近づき易い

等が挙げられます。









 
画像
        
        これがこの池に架かる唯一の橋  後ろの山から清らかな水がこの橋をくぐって流入する



画像

               水面に映る橋の上の人の影が池の景色に風情を与えて面白い



画像

                  カメラをより眞下に近く向けて撮れば水面の反射は無い



画像

                           中央右寄りは豪華な金色の鯉

                         

画像
                         赤や青の水草の色が興を添える 



画像




画像




画像

                           純白の鯉は清楚な感じそのもの



画像




画像
                      
                      大半の鯉が集結して静かに時が流れて行く



画像

                   遠くの鯉を撮ると光の屈折で変形して写るのが面白い



画像
               大きい鯉が水面近くで動くと屈折と波とで変形は更に複雑化する



画像




画像

                  色が異なった鯉、透明度の高い清らかな水、色とりどりの
                 水草、水面のさざ波等この池の美しさすべてを映したショット





 この小さな池は、「モネの 睡蓮 に描かれている池にそっくりだ!」と言われて雑誌に載り、インターネットで取り上げられて人気急上昇、些か過熱気味ではと思われるほどです。
今では土日祝祭日だけでなく毎日のように車、車、車、人、人、人でいっぱいです。山間の寒村だった“板取”と言う地区はもうすぐに全国区になること間違いなしです。
 あまりにも急激な来訪者の増え方に、地区は呆気ににとられているのが現状です。未だ駐車場は無いに等しく、休憩したり食事を摂ったりお土産を求める店も一軒しかありません。勿論 これまで全く必要としなかった公衆便所も皆無です。
これ等の問題を解決した暁には、嘗ての寒村“板取”は 、人々に光と色彩の変化の楽しみを与え、経済的にも精神的にも豊かな地区に変貌することでしょう。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この写真で見ると板取村はモネの池以上ですね。さっそく大日ゲ岳にご縁のある方に知らせます。
ユーリー
2016/06/22 06:29
早速、拝見しました。仰る通り、大袈裟に言うと、心が洗われる
ようですね。池の鯉が、とても綺麗に見えました。
ゲイリイ
2016/06/22 10:13
これは素晴らしい!モネもこんな景色を眺めていたんでしょうね〜。
板取は昔、アユ料理を食べに連れて行ってもらったことがあるかな。
miyo
2016/06/28 09:37
想像以上の美しさです。
鯉と水草の色彩が相まって
まさにアートですね。
素晴らしいです。
K子
2016/07/01 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
モネの池 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる