蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 呉越同舟の東京オリンピック準備

<<   作成日時 : 2016/10/29 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 東京都は2020年の夏季オリンピックの開催地としてバクー(アゼルバイジャン)、ドーハ(カタール)、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)、ローマ(イタリア)と共に立候補し、2013年に開かれたIOC総会で最終的に開催都市に選ばれました。


 皆さん御承知のように、その後いろいろな事情で東京都知事は短期間のうちに2度も代りました。そして今年、 小池百合子氏が都知事選で圧倒的多数の票を獲得して小池新都知事の時代がやって来ました。
小池知事は“都民ファースト と 情報公開”をモットーとして掲げました。


 2020年東京オリンピックの準備では、エンブレムの商標権問題、メイン会場となる新国立競技場の設計案問題等 何かにつけて問題が起きました。
 小池知事は、膨大な建設費を疑問視して、ボート競技場、バレーボール競技場、水泳競技場の3つを改めて選定し直すという方針を打ち出して騒がしくなっています。

 
 オリンピックの準備、運営に関わる事業を行うことを目的に、日本オリンピック委員会と東京都によって“東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”なるものが設立されています。この組織委員会が 組織上東京都の下にあるものだ、いや独立したものだ という認識の違いが現在の“競技場選定問題”を一層ややこしくしているのです。

 組織委員会の森会長は、エンブレムやメイン会場である新国立競技場の設計案選定に当たり いい加減な発言や怠慢を非難されてきました。それから見ても、森会長の「既にIOCの承認を得た決定事項を今更ひっくり返すことなど出来ない」と言う言葉は 小池知事にとっては信じ難かったようです。その上小池知事は、、「1兆(丁) 2兆(丁) 3兆(丁)と 豆腐屋さんでもあるまいに!」と揶揄した名言(?)で天井知らずの建設費の高騰ぶりを大いに疑問視しました。

 因みに、ボート・カヌーの 海の森水上競技場の整備費は
    招致段階:69億円 →   1,038億円 →   一昨年:491億円 →   現在:300億円前後
と真面目に見積もっているのかと疑われるような変遷をしているのです。

 また、新国立競技場案の選考に当たっては「優れたデザインということのみを考え、費用のことは頭になかった」という無責任極まりない態度でした。

 組織委員会の長として森氏が適任であったかどうか甚だ疑問視されるところです。                             

 IOCのバッハ会長は、来日された折に「東京は選考時の条件で勝ったのだから、その条件を変えてはいけない」と言われました。理に叶った、誰もが納得できる説明です。これで大筋の方向はほぼ決まりました。
内容としては森会長が言われたのと同じことです。森会長は、小池知事が「競技場の見直し」を言い出された時に何故そのように説明して説得出来なかったのか です。結果的に、内輪もめしていることを外部の力を借りなければ納められなかったと見られても仕方ありません。恥ずかしいことです。

 小池知事は「今調査している3競技場の結論は今月の中に出します」と言っていますから、夫々どこになるか遠からず決まります。


 バッハ会長の言が森会長の言とほぼ一致しているからと言って、森会長が小池知事に勝ったとみる人達の考えは、利権問題、人の繋がり その他 世の中の複雑な裏面に考えが及ばない表面的な見方に過ぎない浅い考えだと思います。
小池知事が、費用の爆発的な膨張を疑問視しなければ、国民、殊に東京都民は税金を乱費される被害者となるのです。

 ことわざは「老いては子に従え!」と言っています。如何に優れた知能、指導力も老いれば衰えてきます。
仮に森氏がオリンピック組織委員会の会長として適任でなかったとしても、過去に総理大臣という偉大な実績を持つお方ですから、顧問のような形で神棚に祭り上げ、オリンピック準備の関係者が毎日の仕事を始める前に一礼して丁重に対処しなければと思うのです。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
先ずは、女性目線で小池知事に期待します。  Т
ユーリー
2016/10/31 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
呉越同舟の東京オリンピック準備 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる