蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 李下の冠、 瓜田の靴

<<   作成日時 : 2017/02/28 07:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 小人、所謂 とるに足らない人間は、どんな下らない事をしても世の中に何の影響も与えません。然しながら一国の頂点や上層部に立つような優れ者は、その影響が大きいので、人々の範として尊敬に値するよう行動し、疑われたり非難されることのないよう心掛けて欲しいものです。


 現在注目の的になっているのは、大阪の或る国有地の払い下げに就いて、誰が見ても納得出来ないような事が起きている件で、今の国会でも議論の的になっていることは皆さん御承知のことと思います。

 物事を成し遂げる過程ではいろいろな手続きが必要となります。それをひとつづつクリアーしていくのには該当する法律を遵守しなければなりません。然し 法律 というものは微に入り細を穿ってどんなことも網羅しているわけではありませんから、いろいろに解釈される場合があります。そんな時、法に触れなければどんなことをしてもよいという考え方はいただけません。大多数の人が納得し得ないような事を選択すれば、当然非難されます。その時「非難されても法律には触れていないから構わないじゃないか!」と言い張るのは決して好ましくありません。


 今一つは、京都府立医大病院が検察に虚偽回答を提出した問題です。
この大学の学長は指定暴力団の長や受刑者と一度ならず飲食を共にするところを確認されており、学内の教育研究評議会全会一致の辞職勧告を受けているのです。然し、御当人には辞職の意思は全く見られません。



 李(すもも)の木の下で帽子に手をやれば、李を取ったのではないか? 瓜の畑で靴を履き直そうとすれば、瓜を取ったのではないか? と疑われます。

 人々から疑いの眼で見られるようなことでは人の上に立つ資格がありません。

 一国の頂点に立つような人は、李下に冠を正さず、瓜田に靴を入れず と言う態度を貫いて欲しいものです。

 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
[李下に冠を正さず、瓜田に靴を入れず」と教育された私たちの時代は何だったのでしょうか?と言うようなことばかりが報道されます。胸が痛むのでまともに見ずに何かをしながら見ていようと思っても為すことがありません。悠々自適とはこんな情けない事だったのかと思うことしきりです。
ユーリー
2017/02/28 07:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
李下の冠、 瓜田の靴 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる