蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒の季節

<<   作成日時 : 2017/03/05 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 石原 元東京都知事は3月下旬の豊洲問題に関する百条委員会に呼ばれて、過去の実績と考え方を述べる機会が与えられているのを知りながら、「百条委員会を待ちきれず、座して死を待つことは出来ない」と3月3日に自ら進んで記者会見を開きました。
そして記者会見に出発するに際して、「今の心境は・・・」と問われ「果し合いに出かける昔の武士の気持ち」と言い、かつて“厚化粧の年増女”と罵倒した小池 現都知事に対して反論しましたが、その内容たるや、とうてい一軍の将に値するものではありませんでした。“太陽の季節”はいっぺんに“暗黒の季節”に陥るという結果になってしまいました。



 一軍の将たる者は、自分の傘下で生じたことには全て責任を持たねばなりません。「全て部下に任せて認め印を押しただけなのだから、私には責任はない!」としらじらしく言うような人は 一軍の将としての資格がない のです。
石原 元知事は、この理念が分かっていないことをはっきりと証明する結果となりました。



 「私はその道の専門家でもなく経験もありませんから、それぞれを担当する部下達に任せました。だから私だけでなくそれを決定した人達皆に責任があるのす。」などと口にしてはいけないのです。
超高給を頂きながら、1週間に2日登庁するだけで責任を問われないなどと考えるのはむしが良すぎます。矢張りこの人は政治家の器ではなく、憚りながら たった一人で小説を書いているのが身の丈に合った人なのかと思いました。

 私は2015年9月8日の公開日付で、サブタイトルのブログ“切腹お断り は武士にあらず”を纏めました。そこでは、2020東京オリンピックの新国立競技場建設案と公式エンブレムの選定で問題が起こり、当事者の大会組織委員会の人々が誰一人として責任を感じていなかったのを取り上げました。そこで書いた考え方は石原 元知事に対しても全く同じように当てはまり、今も変わりはありません。


 石原 元知事は、恥知らずの責任逃れを述べたに留まらず、自分のしたことに起因して停滞している豊洲の現状を恰も小池 現知事の決断のなさに原因があるかの如く非難しました。
これは決して石原 元知事と小池 現知事の一騎打ちではありませんが、

                            勝負あった!

と言わざるを得ません。石原 元知事が百条委員会でも考えを変えなければ、これ以上言うことは何もないでしょう。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
石原元知事と言い田中角栄と言い、諸刃の剣を無くすとあれよ、あれよと只の人ですねー。この上は女性に期待します。 Т
ユーリー
2017/03/06 07:04
やはり入院されていたのですか?そんなことのないようお互い自転車には気をつけましょう。
ユーリー
2017/04/03 07:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗黒の季節 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる