蚯蚓の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 加計学園問題 と 防衛大臣問題

<<   作成日時 : 2017/07/29 16:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 御承知のように、第三次安倍内閣は森友学園問題に続く加計学園問題、防衛大臣問題で嘗てないほどの窮地に立たされています。
 答弁に立ってひとたび嘘を言ったり誤魔化したりしてその場を凌いでも その先何処かで辻褄が合わなくなって、更に嘘や誤魔化しを重ねなければならなくなり、このような結果を招くとになりかねないのです。


【加計学園問題】
 この問題に就いての説明に当たり、安倍首相は「李下に冠を正さず」という諺を声高に、何度も口にしていますが、その真意が分かっているのでしょうか 甚だ疑わしいのです。
安倍首相は、国家戦略特区で獣医学部を新設することに意欲のある昔からの親友 加計氏 と平成13年頃から十数回に亘ってゴルフや会食を重ねてきているのです。

 7月24日の衆議院、25日の参議院の国会閉会中審査では「記憶がない」という答弁が何回も出て来ました。勿論、これは逃げ口上に過ぎないと思いますが、安全管理上記録されなければならない来訪者や応対者の記録も「記録に無い」や「既に廃棄されている」との答弁が多々ありました。
これらの「ないない答弁」でその場を言い逃れた形にはなっても、この答弁を聞いて国民はどう思うでしょうか? 次の選挙の機会にはその答が出て来ることでしょう。
 加計氏、安倍夫人は野党が参考人としての出席を要求したにも関わらず与党が出席を拒否し、国民が期待した答弁は得られませんでした。



【防衛大臣問題】
 稲田防衛大臣は、弁護士として森友学園問題に関わったことはないとの答弁を行いながら、翌日これを撤回しました。その後東京都議員選挙の応援では防衛大臣として言うべからざる 防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党の応援願いを口にして直後にあわてて訂正するという重大なミスを犯してしまいました。それなのに安倍首相は罷免することなく、選手交代をさせることもなくかばい続けてきました。

 「泣いて馬謖を斬る」という有名な言葉があります。三国志に出て来る かの名将 諸葛亮孔明は、軍規を守る為に、軍規を破って破って大敗の因をなした愛する部下 馬謖 を斬りました。そして自らも降格を願い出ました。優れた武将と言われる所以です。
     このブログを書いている今、稲田防衛相辞任 のニュースが飛び込んできました。
遅きに失した感は否めません。

 


【24日、25日に行われた国会閉会中審査で感じたこと】
  @:「記憶にない」。この言葉を聞くと一流の高等教育を受けて人々の上に立つ仕事を志す優秀な人達
     が貴重な時間を割いてまで何故こんな茶番劇を演じなければならないのか甚だ疑問に思います。

  A:ノリ弁書類は、 ここには 見られると都合が悪いことが書いてありますよ という印です。
     又、野党側が出席を要求したにも拘わらず与党側が病気等出席出来ない正当な理由もなく出席を
     拒むのはその参考人には公表することが出来ない隠し事があることを表わしています。

  野党の背後に在る国民は選挙の機会を逃すことなく与党にそのお礼をしなければ、この国会閉鎖中審査
を開いた意味がありません。


【野党に臨む】
 2010年6月に民主党の菅内閣が成立した時に、「ああ やっと新生民主党の世の中になるか!」と思い、夢を膨らませたのは私だけではなかったでしょう。しかしその新生民主党内閣は期待に反して いかにも頼りない、弱弱しいものでした。そして次の民主党野田内閣が2012年12月に終って再び自民党の安倍内閣になった時、「やっぱり自民党でなければねえ!」という声があちこちで起こりました。

 今や第三次安倍内閣の支持率は地に落ちています。しかしこれまで安倍内閣を支持してきた人たちは安倍内閣を見放しただけで、その代わりに支持する党を見出せないでいます。どの野党も頼るに足る力が無いどころか内部分裂すら起こっているのです。
 これまでの歴史を振り返って見るまでもなく、野党群は再編成して、安倍内閣から離れる国民に頼られる野党に生まれ変わらねばなりません。

 野党よ、今こそ自民党に対抗出来るだけの党に成長して、国民の信頼に報いる時なのです。与党と野党が競い合い、切磋琢磨して健全な政治を行うのが望ましい政治の姿ではないかと思うのです。 
 
 
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
家計学園 防衛問題 野党に望むなど良く代弁して下さいました。おっしゃる通りです。声を上げずにじっと見ている国民が多過ぎます。私もその一人!!
ユーリー
2017/07/31 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
加計学園問題 と 防衛大臣問題 蚯蚓の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる